気象研究におけるマイクロドロップシステム
 
drop feeding

この写真は ドイツのGeesthachtにあるGKSS 研究所で撮影されました。
気象研究での特殊事例:

実験は超音波でホバリングしながら、水滴の表面で行いました。この実験では、水が蒸発することによって水滴の大きさが変化するという問題が発生します。この問題は、大きな水滴に小さな水滴を直接供給し、水滴のサイズを一定に保つマイクロドロップステムを使用することによって容易に解決できました。
この方法は、化学物質にも同様に応用できます。衝撃エネルギーは非常に小さいため、ドロップポジションが影響を受けることはありません。