マイクロレンズとの接着
 
lens combination 遠距離通信ではレーザー光線をグラスファイバーにカップリングします。これは厚さ1mm以下(左側参照)のマイクロレンズとの結合によって可能です。これらのレンズの接着には極めて微量の接着剤を使用します。僅かな誤差の調整が必要です。
マイクロドロップの技術は、紫外線硬化接着剤を使って、100pl以下で調整が可能です。


左写真のレンズは政府プロジェクトとして、 FhG-IOF Jena により製作されました。